修理のご案内

トラブルの内容や症状を明記の上、エンジンを弊社まで送ってください。
修理には2週間ほどのお時間を頂いております。修理しましたエンジンは代金引換え郵便でご返送いたします。
ご請求金額は (修理費+荷造り運賃+代金引換え手数料)となります。
事前に、お見積もりを希望の場合はその旨お書き添え下さい。

下記のエンジンは、廃盤となりました部品が多く,現在、修理が困難となっております。修理エンジンご送付前にお問合せください。
長い間ご利用頂きありがとうございました。
60FS/60FR 45FS/45FR 61S/61SH 61R(ロング)/61AR F120 F120AC F120NC F120SC F120SCH F91ACH

送付先
山田産業株式会社
〒484-0917 愛知県犬山市土取67 電話 0568 67 0265

送付費用はお客様のご負担とさせて頂いております。

*エンジン機種、トラブルの症状
ご返送先住所、氏名、電話番号
、PCアドレス(納品請求書をメール連絡いたします。)を明記の上、ご返送ください。

パーツ注文
パーツ品に限り弊社より直接ご購入頂く事ができます。ホームページのパーツ注文フォームやお電話でお申し付けください。
お届けとお支払いは代金引換え郵便とさせて頂いております。

Q&A

Q エンジンをこのホームページから購入できますか?
弊社ではエンジン本体の販売は行っておりませんが、修理用パーツについては販売しております。本ホームページのパーツ注文を利用していただき、ご注文ください。基本的に代金引換での発送になっております。

Q アメリカに住む予定ですが、現地で修理はできますか。
修理は北米総代理店YS PARTS & SERVICE にて可能です。
YS PARTS & SERVICE
1370 PORTER DR MINDEN, NV 89423 U.S.A.
Phone:775-267-9252
Fax:775-267-9690

Q 見積もり後の修理は可能ですか?
見積もり後の修理は可能です。その場合は、その旨お書き添えの上、お送りください。修理期間は2週間程度を見てください。

Q 燃修理時に、ベンチテストも行っていただけますか。

その旨お書き添えいただければ行います。別途費用(1,500円程度)がかかります。

Q 燃料色パイプに泡が入るのですが、異常でしょうか?
少量であれば問題ありませんのでそのままご使用ください。多量に発生する場合は、エンジンの冷却が悪い場合が考えられます。エンジンの温度が上がりアルコールが沸騰してしまう現象で、夏場の気温の高いときに起こります。ほとんどの場合、機体の空気取り入れ口を大きくすることで解決できます。エンジンとエンジンカバーの隙間を少なくすると風の流速が上がり冷却の効果が上がります。カバーにスポンジを貼るのは一つの方法です。振動でタンク内で泡立ちそれを吸う場合があります。この場合、タンクをスポンジで包む等振動対策を行う必要があります。

Q プラグヒートを外すとエンジンが止まるのはなぜですか。
まず第一にプラグの不良が考えられますので交換してみてください。まれに燃料の不良のときも同じ症状を起こします。それでも止まる場合は、基本的にアイドリングの燃料の濃さが合っていません。プラグヒートをした状態でアイドリング調整をしてみます。濃い場合は、アイドリングを続けると回転が徐々に下がりストップします。薄い場合は、徐々に回転が上がり止まります。アイドリング調整の方法は取扱説明書で確認してください。概してこの症状を起こすときは濃いときです。

Q 4サイクルエンジンの使用後の保存方法を教えてください
4サイクルエンジンは潤滑が良好ですので短期(1ケ月程度)であれば特別に何もする必要はありません。ただし最終フライト後は残留燃料を燃やしておくとベアリングの錆を防止できます。溶剤の入った防錆剤(CRC等)は使用できません。長期保存の場合は、燃料用のオイル(クロッツオイル等)をエンジン内に導入し空回しをしておきます。燃料を入れておくとアルコールが水分を吸収し錆を発生します。燃料メーカーが販売している防錆剤を使用する際は、シリコンゴムを膨潤させないことを確認してください。シリコンゴムが膨潤すると大きく膨らんでしまいます。

Q FZ53、FZ63、FZ70、DZ70、FZ80とエンジン取り付けサイズは同じですか?
同じです。FZ80は全高が1mm高くなります。基本的に載せ替えが可能です。

Q FZ91、FZ110、FZ115S、DZ115のエンジン取付けサイズは同じですか?
マウントの取り付けサイズは同じです。プロペラ取り付け位置までの寸法も同じです。載せ替えが可能です。 Q 使用プロペラサイズを教えてください。

あくまで目安です。下記の前後のプロペラもご使用できます。
FZ70S 13x7 14x6
DZ70 13x7 13x8 14x6 14x7
FZ115S 15x11 16x10
DZ115 15x11 16x10
DZ170 18x12 19x11 20x10
DZ175 19x11  20x10  21x10
DZ185 20x10.5 20.5x10
45FS 11X7~9   12X7~9
FZ53 11X7~9   12X7~9
FZ91 13X10~12   14X9~11
FZ120 14X11~13 15X10~11 16X8~10
FZ140 14.4X13 14X13.5 15X11~13 16X10~12
140Limited    14.4X13 14X13.5 15X11~13 16X10~12

Q タンクの圧力が高いときと低いときとありますがなぜですか?
YSエンジンはクランクケース内の圧力を直接タンクに導入しますので、基本的に回転数に応じて圧力は高くなります。しかしアイドリングを長く続けるとタンク内の圧力はどんどん下がってしまいます。タキシング等で長くアイドリングを続けた後は、圧力は低く下がってしまい、全開にしてからすぐに止めると高くなっています。レギュレターはタンク内の圧力変化に影響されることなくクランクケース内の圧力変化に比例するよう噴射圧力を減圧させます。

Q 冬場、最初のフライト時に燃料がなかなか来ません。なにかよい方法はありませんか?
温度が低いとオイルが硬くなるため、燃料が来にくくなるのが原因です。ニードルをいつもより1回転ほど開けて始動してください。始動後、もとに戻します。

Q レギュレターの初期設定の位置が分からなくなりました。
レギュレターは工場出荷時に調整して出荷しており、位置はエンジンごとに異なります。分からなくなった場合は、調整ネジとレギュレターボディーが面一になるようにしてください。エンジンを始動させエンジンを全開にしニードル調整を行います。ニードルを開けても濃くならないようでしたらレギュレターを左に回します。次にエンジンを停止させ、キャブレターから燃料があふれてくるようでしたらレギュレターを止まるまで右に回します。再度エンジンを始動しアイドリング調整を行います。

Q スーパーマウントのフロントマウントとクランクケースの間に隙間ができてしまった。
市販されているテフロンテープを使用し巻きなおしてください。手に入らない場合は、弊社で販売しているテフロンテープ(MN140)をご使用ください。

Q cdiのエンジンで失火するのはなぜでしょうか?
頻度の多い順に以下のことが考えられます。
1.全開が濃すぎる、ニードルを絞る
2.アイドリングが濃い、レギュレターで薄くする。
3.プラグの不良、プラグの隙間が広くなっている。0.3-0.4mmに調整する。
連続的に失火する場合は加えて以下のことが考えられます。
1.プラグソケットが奥まで入っていない。プラグソケットの損傷。
2.コネクター類の接触不良。
3.回転センサー、イグニッションボックス、キルスイッチ等の故障